自分に合った車検の受け方編

omake

このサイトは、【車検の事は整備士に聞け】をコンセプトに車検にまつわる疑問を分かりやすく解説する車検のポータルサイトです。車検の事、車検にかかる費用をよく理解して頂く事で 少しでも車検費用を節約できる方法や、御自身にあった車検の受け方を御紹介致します。

車検について
そもそも車検とは何? 何の為に必要なの?

syaken車検とは自動車が公道を走る為に、国が定めた保安基準に適合しているかどうか、
2年に1度検査をする制度です。
(乗用車の場合は2年に1度、商用車の場合は1年に1度車検を行います)

自動車は皆さんが思っている以上に消耗品が多く使用されていますので、乗りっぱなしでメンテナンスを怠ってしまうと調子が悪くなってしまいます。

ブレーキが効かなくなって安全上に問題が出たり、
環境(排気ガスが汚くなって大気汚染)に害を及ぼす可能性が出たり、
最悪の場合は故障して動かなくなったりしてしまいます。

このような不具合を防ぐ為に定期的な検査を行う制度を〝車検〟といいます。
(日本製品の車は頑丈なので、ある程度乗りっ放しでも壊れないですけどね)

車検には「点検をする個所」と、「検査をする項目」が法律で決まっていますので、
その基準をクリアすれば車検を通す事は可能です。

逆に基準さえクリアすれば車検は通りますので、車に不具合や、異常が無ければ
ユーザー車検を利用し格安で車検を通す事も可能です。

ユーザー車検については別でも解説しています。

まず最初に、自分に合った車検の方法を確認してみましょう。
車の事は詳しくないので車検は、点検整備も含めしっかり見てほしい方
〝あなたにお勧めの車検は〟

・自動車ディーラー
・民間整備工場

toyota-service-center-boerne-1-1024x576あまり車の事に詳しくなく、車検時の整備も含め全部お任せしたい方は
技術と設備の整った安心安全のディーラー車検か、民間の整備工場をお勧めします。
車検の金額は若干高めです…

車検費用はなるべく抑えたい 過剰なサービスは必要ない方
〝あなたにお勧めの車検は〟

・カー用品店
・大手車検専門店
・ガソリンスタンド

車のメンテナンス(オイル交換等)はショップで定期的に行っている方、
車検の時の過剰な整備は不要で、あれもこれもと部品の交換は必要無く、
普通に車検を通して欲しい方にお勧めします。


車検費用はとにかく安く、メンテナンスや整備は自分でやる方
〝あなたにお勧めの車検は〟

・ユーザー車検
・車検代行 

syakenjyo5

車の事には詳しい方、

点検やメンテナンスは定期的に行っている方、
又は簡単は整備なら自分でやるって方には 自分で陸運局に持ち込むユーザー車検をお勧めします。

●車検を受ける場所について
車検を受ける場所 
車検を受ける事が出来る場所は沢山あります。
沢山有るがゆえに、何処に出したらいいか迷うところですが、自分の状況に応じた場所を選んでください。
・自動車ディーラー 
・民間整備工場 
・カー用品店 
・大手車検専門店 
・ガソリンスタンド 
・ユーザー車検 
・車検代行 
以下の項目で各々のメリットデメリットを御紹介致します。

自動車ディーラー 
ディーラーとは自動車メーカー系列の販売店です。

toyota-main-service-header-gif自社の車の販売や整備、点検、車検、板金、リコール、保険等、
購入した車の事をトータルでサポートしてくれます。 

自動車ディーラー車検のメリット 
安心安全のディーラー車検。

ディーラーは設備が整っているし、メカニックも一定水準の技術を持っています。

現在の自動車は高度な電子制御が進み、高度な整備はディーラーでしか対応できない場合もありますので、 新車で購入し、メーカー保証が付いている状態の車であれば、車検はディーラーへ出す事をお勧めします。

ディーラーは、車検整備後の保証なども充実していますし、車検代車の無償貸し出しもあります。
お店へ訪問すると飲み物も出してくれるし、飲み物を出してくれる受付の女性がかわいい 

自動車ディーラー車検のデメリット 
一昔前よりは良くなりましたが、やはり他で行う車検より費用は割高になります。

また、少しでも改造している車両は受け付けてくれない事も有ります。

修理に関しては店舗の方向性次第ですが、修理というよりもまるまる部品交換(アッセンブリー)で済ます場合があり、結果修理金額も高くなってしまう事も…


民間整備工場 
民間整備工場とは少数、個人で経営している自動車整備工場の事を言います。

seibikojoディーラーより規模は小さいですが、大きなお店では店舗を複数出している場合もあります。

民間整備工場はディーラーとは違いメーカー系列では無い為、複数のメーカーや車種を取り扱っている場合もあり、車両販売、整備、点検、車検、板金、保険等、ディーラーと同等レベルのサービスを受けることも可能です。

お店によっては日本車、ヨーロッパ車、アメ車などに特化した店なども存在します。

民間整備工場での車検メリット 
ディーラーと違い、型にはまらず臨機応変に対応してくれる場合もあります。

ディーラーメカニックは一定の整備レベルをもっていますが、民間工場の場合は、元ディーラー整備士が独立して開業した場合や、ディーラーでも受け付けないようなエキスパートな作業を行ってくれる職人の方もいます。

マニアックな車種に特化した工場や、レース活動を行っている工場も有るので車好きの方には専門性のあるお店がお勧めの場合もあります。

欧州車の場合は、ディーラーで修理すると数○十万円かかるところを民間整備工場だと数万円で済んだりもします。

特殊な機器を所有している整備工場はディーラーでも出来ないような特殊な作業が可能になってきています。
(今の車は走行中にテレビが見れませんが、見れるようにする設定はディーラーではやってくれません。  専門性のある民間整備工場では特殊な機器を使用し設定を変更してテレビをみれるようにする事も出来ます)

民間整備工場での車検デメリット 
メリットでもあげたようなエキスパートの職人さんもいますが、逆に〝こんな事も知らないの?〟〝よく車屋さんやっていますね?〟と言うようなびっくりする無知な整備士もいます。

適切な故障診断も、問診もせずに、手当りしだい部品交換して結局は治らない…

民間車検工場を選ぶ時は被害に合わない為にもネットの口コミや知人の紹介などで良く調べて選びましょう。

このサイトでは間違わない整備工場の見分け方も指南していますので是非ご確認ください。


カー用品店 
car%e3%80%80shop-autobacksカー用品店とはオートバックスやイエローハットに代表される、車の関連用品を扱うお店です。

最近は車検以外にも車の買い取りや、個人売買の仲介を行ったり、メンテナンスや簡単な修理、板金なども行ってくれます。

カー用品店での車検メリット 
重整備を伴わない場合は比較的安価で車検を行ってくれます。

整備のレベルは車検程度であれば問題ないですし、民間整備工場と同じでディーラーメカニック上がりの方もいらっしゃいますし、中には優秀なスタッフもいらっしゃいます。

整備振興会のFAINES(整備書)も観覧可能で、各種自動車診断機も導入しているので比較的安心して車検は任せることが出来ると思います。 しかも無料で代車を貸してくれる店舗もあります。

車検後の整備保証もあったり、車両に重大な問題が無ければ1日車検にも対応してくれます。

カー用品店での車検デメリット 
あくまでもカー用品店は修理や車検の専門店では無い為、整備知識や整備のレベルが店舗によって違ってきます。

こっちの店舗ではこう言われたけど、

違う店舗に持って行ったら全く違った事を言われたことがあります。
↑(実際自分がたくさん経験しました)


車検専門店 
車検専門店とはホリデー車検や車検のコバックに代表される店舗です。



もともと民間の整備工場が車検に特化したフランチャイズ店を展開しています。

フランチャイズ店に加盟するにも一定の技術水準、実績を満たす必要が有る為、安心して車検を任せることが出来ます。

車検専門店での車検メリット 
車検専門店は陸運局から指定された認証工場や指定工場で、一定の技術は保障され、安心して車を預けることが出来ます。

「立会い」「徹底対話」が売りなっていますので 車検当日の作業前に事前説明が有り、車をリフトアップして、整備箇所や交換部品などの説明を受け、納得して車検を受ける事が出来ます。

完全予約制なので最短で1時間程度で車検が可能となり、車を預ける必要が無く車検を身軽に受ける事ができます。

全国に複数店舗が有る為、何処でも車検を受ける事が可能です。

車検専門店での車検デメリット 
車検専門店は基本的に車検の専門店の為、
車検と一緒に重整備などを行う事は出来ません。

ガソリンスタンド 
gas-station今のガソリンスタンドは従来の燃料(ガソリン、軽油)補充や洗車以外に、車検や板金、
タイヤ、バッテリー交換など様々なサービスを展開しています。
ガソリンスタンドでの車検メリット 
車検の価格はとりわけは安いと思います。

24時間の店舗であれば24時間、土日祭日も受け付け可能で、
ガソリンのチケットをくれたりと付加価値が付いてきたりします。

ガソリンスタンドでの車検デメリット 
ガソリンスタンドには車検の検査ラインはありませんので提携先の車検場へ持ち込んで行う事が大半です。
その為、どのような場所で作業が行われているか不透明な部分があります。

ガソリンスタンドの車検は基本1日車検には対応して無い場合もあり、車を預ける必要が有ります。 車検代車も基本は有りません。


ユーザー車検 
syakenjyo8ユーザー車検とは自分で車を陸運局に持ちこんで車検の受ける事を言います。
業者に依頼する事なく車検を行う為、費用を極力抑える事が可能です。

全国の陸運局

http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000034.html

ユーザー車検のメリット 
一番安く車検を通す方法です。
ユーザー車検のデメリット 
陸運局は土日が休みなので、自分の仕事が土日休みの方は平日に休みを取って車検を受けに行く必要が有ります。

自動車や車検制度に対し、有る程度の知識が必要です。

車検不合格の場合は再度検査しなければいけないので事前に予備検査は受けておいた方がいいでしょう。

ユーザー車検の事をもっと詳しく 

????????????????????????????????????

ユーザー車検は費用が安く済みますが、ちゃんとした手順を踏まないと余計な手間が掛かったり、無駄な時間を要する場合が有りますので、良く下調べを行って受けるようにして下さい。

・事前の予備検査は受けましょう。

運輸支局の近くには、運輸支局で行う車検項目と同じ内容の検査を行ってくれる民間の検査場(有料)があります。

この予備検査場で前もって検査を受ける事で本番に合格、不合格かどうか判断する事が可能です。

利用料金は、一般的に5000円未満が妥当です。
(地域によって予備検査場が存在しない場合や、一般の方はお断りという場合もございますので、事前に確認して下さい。)

また、こちらの予備検査場で調整不能な不具合が発見された場合は、車検に合格する事は難しいので、指摘された箇所の修理や部品交換が必要になります。

車検とは車の不具合を事前に見つける事ではなく、現状で車検の検査をクリアするかどうかの検査を行う事です。

本来であれば車検前の事前の点検整備で、ブレーキなどの消耗品の交換や、修理を行い、次の車検(2年後)まで点検が不要な状態にして車検を受けますが、
ユーザー車検の場合は、車検の検査だけなので
自分で整備をする知識が必要であったり、別で点検整備に出す必要が有りますので
検査後は自己責任となります。

※ユーザー車検、一連の流れ

陸運局の業務時間
検査窓口の受付時間:午前8:45~11:45、午後1:00~3:45
運輸支局の業務時間:午前9:00~12:00、午後1:00~4:00
運輸支局の休日:土日祝、及び12月29日~1月3日


事前に必要な書類
1.車検証
2.自動車損害賠償責任保険証明書 (自賠責保険の事ね)(新旧の2枚必要)
3.自動車税納税証明書 (納税証明書です)
4.定期点検整備記録簿(24か月点検が終わっている場合)
5.自動車検査証
6.自動車重量税納付書
7.継続検査申請書
8.印鑑(認印)

1.~5.は事前に準備しておく書類になります。
4.は“車検が終わってから「後整備」を整備業者にお願いする”といえば大丈夫です。
※法定24カ月点検用紙。 ※車検はあくまで現状の検査です 必ず御自身で整備を行うかしかるべき場所で点検整備は行ってください。
6.~7.は、車検の当日に陸運局で購入します。ですが、車検場の下見をかねて、事前に準備しておくとよいでしょう。


運輸局で用紙の記入・作成
事前に入手した、もしくは当日入手した用紙に必要事項の記入を行います。
記入方法は、運輸支局内に見本等がありますので、参考にしながら記入して下さい。
また、用紙を購入せずに運輸支局近辺の代書屋さんに書類一式を作成して頂くことも可能です。


自動車重量税・検査手数料の支払い(印紙・証紙の購入)
運輸支局場内の印紙・証紙販売窓口で、自動車重量税額分と検査手数料分の印紙・証紙を購入します。
購入した印紙・証紙をそれぞれの書類に貼り付けます。(自動車重量税印紙は自動車重量税納付書、検査手数料印紙・証紙は自動車検査票)


自賠責保険の継続加入手続き
新たに車検を取ると車検有効期間が延長されますが、同時に自賠責保険の保険期間も延長しなければなりません。
保険期間は必ず、延長された車検有効期間より1日でも多く加入する必要があります。
継続加入の手続きは、運輸支局近辺の代書屋さんなどで取り扱っています。
車検証と現在加入中の自動車損害賠償責任保険証明書をご持参の上、代書屋さん等で手続きを行って下さい。


納税確認
自動車税納税証明書(継続検査用)を自動車税事務所等の納税確認窓口に提示します。
自動車税納税証明書(継続検査用)に問題がなければ、きちんと納税されている旨の押印をもらえます。


車検の受付
運輸局内のユーザー車検受付窓口に上記書類一式を提示します。
また、ユーザー車検予約を行った際に発行された番号(予約番号)を窓口の職員へ伝えます。
書類に不備があった場合は、こちらで指摘を受けますので修正を行って下さい。


検査コース
自動車に乗り、検査コースで受検を行います。一連の流れは検査院が指示してくれますのでそれに従ってください。
・車両、書類の確認:
車検証や申請書類の記載内容と、検査車両が同じであるかの確認を行います。

・外廻り(外見)検査:
自動車の外観(車体、ライト、ウインカーなど灯火類が全部作動するか)に問題がないかの確認を行います。

・サイドスリップ検査:
前輪タイヤの横滑り量(直進安定性)の確認を行います。

・ブレーキ検査:
前輪、後輪、及びパーキングブレーキの制動力の確認を行います。

・スピードメーター検査:
実際の速度と、スピードメーターの誤差の確認を行います。

・ヘッドライト検査:
ヘッドライトの光量、光軸が、基準値内であるかの確認を行います。

・排気ガス検査:
排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認を行います。

・下廻り検査:
車両下部の不具合(ボルトナットの緩み・オイル漏れ、ブーツ破損など)の確認を行います。

・ディーゼル車は上記の排気ガス検査は行わず、別途ディーゼル車専用(オパシ等)の排気ガス検査を行います。


車検証の交付
無事に検査が合格であれば、書類一式を車検証交付窓口へ提出します。
窓口で新しい車検証とステッカー(検査標章)の交付を受け、ユーザー車検終了となります。
何度も言いますが、
車検は、あくまでも今の状態で検査に通るかを確かめるものであり、その後の車の安全を保証するものではありません。
必ず各自の責任において点検整備を行って下さい。


ユーザー車検代行 
車検代行はユーザー車検の車を陸運局へもって行く部分を代行してくれます。

代行車検業者は、検査場に車を持ち込むことはできますが、認証を受けてないので分解整備はできません。

あくまで、車検を受けにいく”代行”をするだけです。

車検を検査ラインで受けるのは、慣れた方でないと戸惑う事も多い為、安く済ませたいが検査に行くのは委託したい方が利用されます。

ユーザー車検代行のメリット 
安く済みます。

ユーザー車検+代行費用となります。(代行手数料はおおよそ10000円程度)

ユーザー車検代行のデメリット 
ユーザー車検代行業者は車両整備には一切係わらない為、ユーザー車検と同じく車検の検査は通っても、その後は自己責任となります。
必ず各自の責任において点検整備を行って下さい。

車検の検査内容 
車検とは、どのような検査をするのか?

????????????????????????????????????

・車両、書類の確認:
車検証や申請書類の記載内容と、検査車両が同じであるかの確認を行います。

・外廻り(外見)検査:
自動車の外観(車体、ライト、ウインカーなど灯火類が全部作動するか)に問題がないかの確認を行います。

・サイドスリップ検査:
前輪タイヤの横滑り量(直進安定性)の確認を行います。

・ブレーキ検査:
前輪、後輪、及びパーキングブレーキの制動力の確認を行います。

・スピードメーター検査:
実際の速度と、スピードメーターの誤差の確認を行います。

・ヘッドライト検査:
ヘッドライトの光量、光軸が、基準値内であるかの確認を行います。

・排気ガス検査:
排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認を行います。

・下廻り検査:
車両下部の不具合(ボルトナットの緩み・オイル漏れ、ブーツ破損など)の確認を行います。

・ディーゼル車は上記の排気ガス検査は行わず、別途ディーゼル車専用(オパシ等)の排気ガス検査を行います。

スポンサーリンク

フォローする